賃貸物件のトイレ修理費用の負担って大家(管理会社)?自己負担?

賃貸の自宅トイレが壊れてしまった時「大家負担?」「自己負担?」どちらかわからず対応に困ることもあるかと思います。

そこで、この記事では、賃貸でトイレが故障した際、トイレ修理費用を大家(管理会社)が負担するケースと、自己負担するケース、対処法について解説します。

賃貸物件のトイレ修理費用を大家(管理会社)が負担するケース

マンション
トイレが故障した場合、基本的には大家さん負担になります。通常の範囲内で使用していれば、自己負担になることはありません。

修理業者が故障した箇所を調べ、すぐに対応できるようであれば、即日で修理してもらえるでしょう。もし、修理しても直せなかったり、大規模な下水道工事が必要な場合、老朽化が激しいケースなどは買い替えとなることもあります。

しかし、そのような場合でも大家さんが全額負担してくれるケースがほとんどです。

水道修理業者の費用相場はこちら

賃貸物件のトイレ修理費用を自己負担するケース

財布
入居者が修理費用を自己負担しなければいけないケースは、いったいどのような時でしょうか?具体的に2つのケースがありますので、解説します。

入居者の不注意や過失が原因の場合

入居者の不注意や過失によりトイレを壊してしまった場合は、入居者の負担となります。

どのような時に自己負担になるのかは、賃貸契約書の内容により違いがありますが、

  • 誤って重たいものを落として便器を破損した
  • 掃除中に掃除機をぶつけてしまいトイレにヒビが入った
  • たばこの火を押しつけたことで、黒ずんでしまった

上記のように、自分の不注意が原因で壊してしまった場合は、自己負担になる可能性が高いと考えて良いでしょう。

また、トイレの故障を自力で直そうと試みたところ、悪化させてしまい過失の扱いとなり自己負担になる可能性もありますので、自分で修理をするのは要注意です。

トイレのトラブルで水漏れが起こった場合は、そのままにしていると水が流れ続けて、最悪階下に浸水する可能性もありますので、水漏れの場合はまず止水栓を締めて水を止めましょう。

勝手に修理会社に連絡して修理依頼した場合

また、大家さん(管理会社)に連絡をせず、入居者が勝手に修理してしまった場合も、自己負担になることがあります。

あくまで賃貸物件は、貸主から借りているものなので、必ず管理会社と大家さんへの連絡は必要です。

トイレが壊れたら、いきなり業者を呼ぶのではなく、まずは管理会社に連絡するワン!

賃貸物件のトイレトラブルがあったらまず「契約書」を確認しよう!

賃貸物件のトイレトラブルがあったら、トイレ修理業者を呼ぶ前に、賃貸契約書を確認してください。

賃貸契約書には、設備が故障した場合の取り決めが記載されていますので、内容を確認したら、書類に書かれている内容に従いましょう。

入居者が修理費用を負担するのは、不注意や過失による故障の時のみで、多くの場合大家さんが負担してくれます。

それから、賃貸物件の管理会社に連絡し、トイレが故障したことを伝えてください。管理会社に説明すると、管理会社から大家さんに連絡が行き、修理の手配をしてくれます。

トイレは生活に欠かせないものなので、すぐに対応してくれるでしょう。