トイレタンクの水漏れの原因と修理方法|早く直さないと水道代が!?

トイレのトラブルには様々なものがありますが、タンクから水漏れが発生することがあります。急な水漏れに驚いてしまうかもしれませんが、きちんと対応すれば大丈夫。

この記事では、トイレの水漏れが発生する原因や、対処法、業者に依頼した際の費用相場についてお伝えします。

トイレタンクの外から水漏れしている場合の原因と対処方法

トラブルが起こったら、原因に応じて対処することが大切です。
ここでは、トイレタンクの外から水漏れした時の原因と対処法をご紹介します。

レバーハンドルから水漏れしている

レバー
トイレの水を流すレバーハンドルから、ポタポタ水が漏れることがあります。

レバーハンドルから水漏れしている場合は、下記のように対処してください。

  1. 止水栓を閉める
  2. 最初にトイレタンクに繋がっている給水管の止水栓を、マイナスドライバーで締めてください。

  3. トイレタンク内の水を流す
  4. 止水栓を閉めて排水を止めていれば、レバーを捻るだけでタンク内の水を空にできます。

  5. レバーハンドルに付いているチェーンを取り外す
  6. 次に、レバーハンドルに付いているチェーンを取り外しましょう。フックに引っ掛けてあるので、持ち上げると簡単に外せますよ。

  7. パッキンを取り外せる状態にする
  8. モンキーレンチでレバーハンドルの固定ナットを外すと、パッキンを取り外せる状態になります。

  9. レバーハンドルのパッキンを交換する
  10. レバーハンドルの外側か内側にパッキンがあるので、新しいものと交換してください。

  11. 元に戻す
  12. パッキンを交換したら、元の状態にします。

トイレタンクの底から水漏れしている

トイレタンク
トイレタンク底から水漏れしている時は、トイレタンク底のパッキン交換が必要です。

  1. 止水栓を閉める
  2. 最初にトイレタンクに繋がっている給水管の止水栓を、マイナスドライバーで締めてください。

  3. トイレタンク内の水を流す
  4. 止水栓を閉めて排水を止めていれば、レバーを捻るだけでタンク内の水を空にできます。

  5. 給水管とトイレタンクを分断する
  6. 給水管のナットをモンキーレンチで外し、給水管とトイレタンクを分断します。

  7. トイレタンクを取り外せる状態にする
  8. 次に、トイレタンクとトイレ本体を固定しているナット(トイレ本体の裏側に2箇所あることが多い)を、モンキーレンチを使って取り外し、タンクを取り外せる状態にします。

  9. トイレタンクを取り外す
  10. トイレタンクは、真上に持ち上げると取り外せます。トイレタンクは重さがあるので、注意して扱ってください。

  11. トイレタンクのパッキンを交換する
  12. トイレタンクの底に付いている古いパッキンを取り外し、新しいパッキンと交換します。

  13. 元に戻す
  14. パッキンを交換したら、元の状態にします。

給水管との繋ぎ目から水漏れしている

止水栓
  1. 止水栓を閉める
  2. 最初にトイレタンクに繋がっている給水管の止水栓を、マイナスドライバーで締めてください。

  3. 水漏れしているところにバケツを置く
  4. 作業中に水が垂れてしまうので、周囲が濡れないようバケツを置きます。バケツを置くスペースがない場合は、タオルを敷けばOKです。

  5. ナットを取り外す
  6. モンキーレンチを使って給水管とトイレタンク側のナットを取り外します。最初にモンキーレンチでゆるめてから、手を使って回すとスムーズに取り外せますよ。

  7. パッキンを交換する
  8. 給水管を外すと内部にパッキンが付いていますので、古いパッキンを取り外し、新しいパッキンと交換しましょう。

  9. 元に戻す
  10. パッキン交換が終わったら、逆の手順で元に戻します。

水漏れの原因が分かったら、それに合わせて対処するだワン!

トイレタンクの中から水漏れしている場合の原因と対処方法

トイレタンクの構造
トイレタンクからの水漏れは、外からだけでなく中から発生することも。
ここでは、トイレタンクの中から水漏れしている場合の原因と対処法をお伝えします。

ボールタップの故障による水漏れ

タンク内の水の量を調整する「ボールタップ」が正常に動作していないと、水漏れの原因になることがあります。

  1. 止水栓を閉める
  2. 最初にトイレタンクに繋がっている給水管の止水栓を、マイナスドライバーで締めてください。

  3. トイレタンク内の水を流す
  4. 止水栓を閉めて排水を止めていれば、レバーを捻るだけでタンク内の水を空にできます。

  5. ボールタップを交換する
  6. 給水管とボールタップは繋がっているので、給水管のナットをゆるめて給水管を外してください。
    ボールタップを固定しているナットを全て取り外して、取り外せる状態にして、新しいボールタップと交換します。

  7. 元に戻す
  8. ボールタップを交換したら、逆の手順で元に戻します。

オーバーフロー管の破損による水漏れ

トイレのレバーや、フロートバルブが壊れて過剰に水が供給された際に「余分な水を便器内に排水」する役目のオーバーフロー管が破損すると、水漏れが発生することがあります。

  1. 止水栓を閉める
  2. 最初にトイレタンクに繋がっている給水管の止水栓を、マイナスドライバーで締めてください。

  3. トイレタンク内の水を流す
  4. 止水栓を閉めて排水を止めていれば、レバーを捻るだけでタンク内の水を空にできます。

  5. 給水管を外す
  6. 給水管とボールタップは繋がっているので、給水管のナットをゆるめて給水管を外します。

  7. トイレタンクを固定しているナットを取り外す
  8. トイレタンクの裏底にあるオーバーフロー管を固定しているナットを外していきます。モンキーレンチでナットを緩めて手で回すと簡単に取り外し可能です。

  9. トイレタンクの裏底にあるオーバーフロー管のナットを取り外す
  10. トイレタンクの裏底にオーバーフロー管を固定しているナットがありますので、モンキーレンチを使用してゆるめ、手で回して取り外します。

  11. オーバーフロー管を交換する
  12. オーバーフロー管を取り外し、新しいオーバーフロー管を取り付けます。

  13. 元に戻す
  14. オーバーフロー管を交換したら、逆の手順で元に戻します。

ゴムフロートの劣化による水漏れ

  1. 止水栓を閉める
  2. 最初にトイレタンクに繋がっている給水管の止水栓を、マイナスドライバーで締めてください。

  3. トイレタンク内の水を流す
  4. 止水栓を閉めて排水を止めていれば、レバーを捻るだけでタンク内の水を空にできます。

  5. ゴムフロートを取り外す
  6. オーバーフロー管と、レバーハンドルの2か所にゴムフロートが固定されていることが多いので、オーバーフロー管側から外し、次にレバーハンドルに引っ掛けられているチェーンごと取り外してください。

  7. ゴムフロートを交換する
  8. 交換用のゴムフロートをオーバーフロー管に取付け、チェーンをレバーハンドルに引っ掛けてください。

  9. チェーンの長さを調節する
  10. ゴムフロートを交換した際は、必ずレバーハンドルをひねった時に、ゴムフロートが開くよう長さを調節しましょう。

  11. 元に戻す
  12. チェーンの長さを調節できたら、逆の手順で元に戻します。

トイレタンクの水漏れを業者に依頼した際の費用相場

相場
ここまで、自分でできるトイレタンクの水漏れの対処方法を原因別にご紹介しました。

もしも、自分で修理してみても直せない場合や、最初から作業が難しい場合は、そのまま放置せず、早めに専門業者に依頼しましょう。

水漏れを放置すると、水道がかさんでしまったり、下階へ水漏れする恐れもあるので要注意です。

トイレタンクの水漏れを業社に依頼すると、相場はだいたい10,000~15,000円です。

便器を外して修理する場合は、20,000円から、高圧洗浄機を使用し配管洗浄も行う場合は35,000円以上かかるのが一般的

水道修理ルートは、最安だと基本料金のみの5,000円で修理が可能です。必要な場合は材料費がかかりますが、かなり修理費用を抑えられます。

出張費や見積もりも完全無料なので、気軽に相談してみるだワン!

水道修理ルートの強みはこちらでさらに詳しく紹介しています。

まとめ

トイレタンクの修理は、原因に応じて対処することが大切です。簡単な修理であれば、自分で行うことも可能です。

もし、どうしても直せない場合や、早期に解決したい場合は、修理業社に依頼すると良いでしょう。早めに対処することで「水漏れで水道代が高くついてしまった」というトラブルを防げます。