トイレの水の流れが悪い!点検する箇所と自分できる対処方法をご紹介

「トイレの水の流れが悪くなる」ということは、誰しも経験することではありますが、急に流れが悪くなると、ヒヤッとするものですよね。

この記事では、トイレの水の流れが悪くなる原因や、原因別の対処法について解説します。

トイレの水の流れが悪い原因って?

流れ
トイレの水の流れが悪くなる主な原因は

「タンク内の水量が足りない」
「便器内のつまり」

の2つです。

トイレの水の流れを改善するには、何が原因なのかを知る必要があります。
まずは原因を知った上でしっかり対処していきましょう。

タンク内の水量が足りない

トイレの水は、便器の後ろにあるタンクに溜まっています。もし、便器内に流れる水が少ない場合は、このタンクの中の水量が少ないことが考えられます。

タンク内の水量が少なくなる主な原因は、「浮き袋の劣化・故障」か「ゴム状の栓(フロートバルブ)の劣化・故障」のいずれかです。

 

●浮き袋の劣化・故障

タンク内の水は、浮き袋の上下の動きによって水位が量られ、適正な水が調整されています。

しかし、この浮き袋の劣化や故障により可動部の動きが悪くなると、適正な量の水が給水されず、結果的に便器内の水の流れが弱くなってしまいます。

 

●ロートバルブ(ゴム状の栓)の劣化・故障

トイレは、レバーの操作によりタンクの下方にあるフロートバルブが抜かれることにより、タンク内の水が便器内に流れる構造になっています。

そのため、フロートバルブの鎖や本体に異常があると、タンク内の水の量も少なくなってしまうのです。

水量が少ない場合は、タンク内を確認すると良さそうだワン!

便器内のつまり

トイレの水を流した後、流したものが戻ってくる場合は、便器の排水路でつまりが起こっている可能性が大きいです。

また、タンクの水の量も正常で、トイレの便器内でもつまりが起こっていない場合は、「床下にある排水管」や「家の外の排水桝」でつまりが発生している可能性があります。

つまりをすっきり解消したいワン!

トイレタンク内の水量が足りない時の対処法

トイレタンクの構造
まずは、トイレタンク内の水量が足りない時の対処法をお伝えします。

①水位調節リングで調整

水位の設定は、下記の方法で調整することも可能です。

  1. 水位調整リングを引き上げロックを外す
  2. 水位調整リングとは、給水管の付け根についているギザギザ状したネジのようなものを指します。

    この部分を引き上げてロックを外しましょう。

  3. 水位調節リングを動かして水の量を調節する
  4. 水位調節リングは、右に回すと水位が上がり、左に回すと水位が下がります。

    水位調節リングを90度回すと水位が8mm上昇。正常な水位(※)まで水が溜まったら調節リングを引き下げてロックしたらOKです。

※オーバーフロー管に記載されているメモリ<-WL->が正常な水位の目印です。

②ボールタップの交換

タンク内の水は浮き袋の上下運動により水位が量られ、水量が調整されています。

浮き袋の劣化や故障が原因で、タンク内に水が溜まらない時は、自動的に給水するための装置ホールタップを交換してください。

ホールタップは、浮き袋と、浮き袋を支える支持棒、浮き袋を動かす可動部から成り立っています。

ホールタップは、ネジで固定しているだけなので取り外しは簡単です。ホームセンターなどで購入できますので、新しいボールタップを購入し、交換しましょう。

ボールタップの交換の仕方はこちらだワン!
  1. ボールタップ交換前に止水栓を閉じる。
  2. タンクの外側にある吸水管→ボールタップの順に取り外す。
  3. (モンキーレンチを使いナットを緩める)

  4. 取り外し時と逆の手順で新しい部品を取り付けます。
  5. 吸水し、水位を調整すれば完了です!

便器内のつまりでトイレの水の流れが悪い時の対処法

スッポン
最後に便器内のつまりが原因でトイレの水の流れが悪い時の対処法をご紹介します。

①ラバーカップを使う

排泄物やトイレットペーパー、生理用品、水に溶けない紙など、何らかの固形物により水管が詰まってしまうと、水の通り道が狭まり流れは悪くなってしまいます。

便器内につまりが生じた時は、市販のラバーカップを用いるのが一般的な解決策です。

もし、ラバーカップを今すぐ用意できない場合、お湯を用いることで解決できるかもしれません。

便器内の詰まりの原因の多くは、排泄物やトイレットペーパーなどの紙類です。そのため、水よりも温度の高いお湯を使用することでつまったものが溶け、流れやすくなります。

ラバーカップがない人は、試してみてだワン!

②トイレ業者に依頼

今回ご紹介した方法で解決できない場合や、自分で調査したり交換するのが面倒な場合は、トイレ業者への依頼がおすすめです。

トイレの専門家であれば、すぐに問題に気付き適切な方法で解決してくれます。

サービスの流れは一般的に次のとおりだワン!
  1. 電話などで相談
  2. スタッフが駆けつけその場で見積もり
  3. 見積もりに納得できたら依頼
  4. 依頼後、修理・つまり解消に取り掛かる
  5. 施工内容を確認ご支払いをする

修理にかかる時間は、つまりの症状や程度によって変動します。簡単なものだと30分~1時間程度で終了。便器の取り外しや排水管の修理など、工事が伴う場合は、数時間はかかってしまいます。

トイレのつまり、部品交換などの修理を業者に依頼する場合、業者により料金は異なりますが、相場は基本料金5,000円~8,000円程度です。大掛かりな工事になると数万円かかることも。

症状別のトイレ修理費用はこちらで解説しています。

まずは見積もりを依頼して、納得した上で依頼すると良いでしょう。

ほとんどの業者が見積もりは無料で行ってくれます。また、見積もり後のキャンセルも可能なので、気軽に相談してみてくださいね!